© 2018  ROBINSON LLC All Rights Reserved. 合同会社ロビンソン TEL.050-3573-2306 船橋市浜町2-2-5

もうひとつのサッカーW杯

デザインのチカラで効果をあげる!


千葉県船橋市のデザイン会社〔合同会社ロビンソン〕

デザイナーのフルカワです。


サッカーW杯は、白熱した予選リーグが終わり、

決勝トーナメントがすでに始まっています!

予選から、いわゆる強豪国やランキング上位の国、

優勝経験のある国が次々破れていくという波乱の展開。 そして、大会前にはあまり期待されていなかった我が日本も

イエローカードの累積数の差で、

予選突破というこれまでにない盛り上がりとなっています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


↑↑↑↑↑↑ベルギー戦の前に描いていた原稿だったのです(^_^;)

ベルギー戦は惜しかったというか、

世界の壁の厚さを実感させられたというゲームでしたね。

これを糧に次世代の選手にがんばってもらいたいものです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そんな、世界中で盛り上がっているワールドカップですが、

デザイナーの私が注目しているのか、各チームのユニホーム。

各国、自身の国やチームのイメージカラー、国旗をモチーフに

それぞれのメーカーのデザイナーが、こちらでもしのぎを削っています。

ユニホームのデザインはとても重要で、そのデザインで相手を威圧することができます。

つまりはデザインのチカラで勝利を後押しすることもできるのです!!


あのチームのユニホームは強そうだ、あの伝統のあるユニホームを見ると震えるとかいった具合に…。


日本のユニホームは青地に縦線のはいった凝ったデザイン。点線の縦縞は野球の侍Japanのユニフォームでも採用されているので、近年の流行りでしょうか。



日本代表ユニホーム アディダスホームページより


プリントや素材、生地の性能があがったことで、

今回の大会で使用されているユニホームは、一見無地に見えるけどうっすらと

柄がはいっていたりする凝ったデザインが多いように思えました。


そのなかでも個人的に印象に残ったのはナイジェリアの斬新なデザイン!



ナイジェリア代表チーム ユニホーム



こういった見方をしてみるのも、また面白いかもしれません。




13回の閲覧